Izumisano Arai residence

新井家住宅(新井邸)

新井家住宅は、1932(昭和7)年、新井末吉が迎賓館を兼ねて自邸として建てた木造建築です。上質な材料と高度な大工技術を駆使した昭和初期の和風建築の代表例として、1999(平成11)年、国の登録有形文化財として登録されています。

屋敷は全長100mほどの白壁土塀を巡らせ、大門を入ると見事な和風庭園が広がります。庭園を囲む様に建物はコの字型3棟で構成され、まず正面玄関を入ると、一間の床の間のある13畳の座敷と10畳の続き座敷。廊下を進んだ左手の奥座敷は一間半の大床の間がある15畳の座敷と10畳の続き座敷があり、それぞれにゆったりと庭を見渡せるよう畳廊下と縁が配されています。また右手には住まいとして使われていた主屋や土塀の蔵があります。

① 門 Entrance
② 玄関 Main Gate
③ 茶室 Tea Room
④ 蔵 Storehouse
⑤ 堀 Wall
⑥ 庭園 Garden
⑦ 座敷 Reception Room
⑧ 奥座敷 Formal Reception Room
⑨ 主屋 Living Quarter

室内は書院造りから発展した意匠が用いられ、精緻な組子の明障子や格天井など質の高い技術が感じ取れます。また庭園には20余りの燈籠や巨石を配し、松、桜、百日紅、つつじなど四季折々の植物を愛でる事ができます。現在は住宅としては使われていませんが、イベント等で不定期に公開され、通称『天神山の新井邸』として親しまれています。


撮影 小橋 慶三

登録有形文化財・新井家住宅データ

  • 所在地:大阪府泉佐野市中庄1380
  • 敷地面積:約7500㎡(2500坪)
  • 建築面積:約550㎡

不定期に開催されるイベント時のみ一般公開。
※ 現在は修復工事中のため、公開はしておりません。
※ 取材、撮影、見学等については新井ビルまでお問い合わせ下さい。

新井ビルは、関係者以外の立ち入りをご遠慮いただいております。取材・撮影・見学等につきましては、メールにてお問い合わせください。